福岡県朝倉市の農地の活用は農地手続き専門の行政書士へ

家を建てる
ソーラー 太陽光
資材置場
駐車場

のように、農地(田んぼ・畑・果樹園など)を別の目的で使用する(農地転用)場合には農業委員会の許可(届出)が必要です。
農地は、農地法という法律で農地以外の使用を厳しく制限されています。
許可(届出)を得ないまま農地以外の使い方をしてしまうと、場合によっては農地法違反により罰せられる場合があります。(3年以下の懲役又は300万円以下の罰金、法人の場合は1億円以下の罰金)

朝倉市の釜堀行政書士事務所へ依頼するメリット

1.面倒な手続きを丸投
農地転用をするには沢山のハードルがあり、要件の調査・関係各所での協議・書類の作成・図面の作成・書類の申請・書類の補正・追加資料の提出等、多くの時間と労力がかかります。
お忙しい方や手続きの方法が分からないときには、朝倉市の農地専門行政書士にお任せ下さい。

2.最短での許可
農地転用と言っても、スムーズに進むことばかりではありません。農地の場所や内容等により手続きが複雑であったり、また、無断転用地がある場合など、本来の手続きとは別に、他に手続きが必要となる場合もあります。
そのようなときにも地域密着の行政書士へお願いして頂ければ、あなたにとってベストな選択をし、最短で許可を取ることができます。

3.農地活用をバックアップ
行政書士にも得意分野があり、全ての行政書士が農地の手続きをこなせるわけではありません。
当事務所は農地手続きに特化しており、土地(田んぼ・畑など)のご相談に関して、柔軟で迅速な対応ができます。

4.関係士業と連携して対応
農地の手続きでは、土地の測量や登記手続きが必要となる場合があります。
測量・不動産登記の専門家である土地家屋調査士、測量士や司法書士、不動産会社と連携して対応致します。
当事務所が窓口となって一連手続きをワンストップで対応致しますので、ご負担をお掛けしません。

対応エリア

農地転用は、専門性を高めるために地域密着で地域をある程度絞って対応させて頂いておりますので、福岡県朝倉市(甘木・朝倉・杷木)を中心に、朝倉郡筑前町、朝倉郡東峰村、小郡市、三井郡大刀洗町、うきは市、久留米市(一部地域)に対応致します。

上記にない、その他の地域もお気軽にお問い合せ下さい。


※農地転用や農業振興地域農用地区域除外(農振除外)は締切日が決まっていますので、農地転用(農振除外)を計画している方はお早めにご相談ください。

田んぼの相談朝倉市 農地畑の相談

サブコンテンツ

関連サイト

朝倉市 風俗営業許可
福岡県 車庫証明
福岡 パスポート

このページの先頭へ